POST:

2017.08.10

CATEGORY: G Suite(旧:Apps)

Googleドライブは、Googleアカウントさえあれば誰でも利用できるサービスです。通常のGoogleアカウントユーザであれば15GBが無料で利用でき、追加料金の支払い、例えば月に1300円払えば1TBのストレージを利用することができます。さらに、GSuite Businessを利用する場合はユーザ当たり月1200円を支払えば無制限のストレージを利用することができます(5アカウント以下の場合はユーザ当たり1TBの容量制限あり)。 また、Googleは(Google Driveに限らずですが)、... 続きを読む

POST:

2017.08.10

CATEGORY: G Suite(旧:Apps)

Googleドライブは、Googleアカウントさえあれば誰でも利用できるサービスです。通常のGoogleアカウントユーザであれば15GBが無料で利用でき、追加料金の支払い、例えば月に1300円払えば1TBのストレージを利用することができます。さらに、GSuite Businessを利用する場合はユーザ当たり月1200円を支払えば無制限のストレージを利用することができます(5アカウント以下の場合はユーザ当たり1TBの容量制限あり)。 また、Googleは(Google Driveに限らずですが)、... 続きを読む

POST:

2017.07.20

CATEGORY: GCE

Google Compute Engine(GCE)では標準のバックアップツールとしてスナップショット機能が提供されています。 今回はそのGCEにおけるデフォルトのバックアップ機能と言えるスナップショット機能の基本的な特徴や性能・価格などの詳細と、少し類似した機能にも見えるイメージとの違いやお得な使い方などをご紹介します。 GCEを運用するには必須となってくる機能であるスナップショットについて、是非ここで理解しておいてください。 GCEのスナップショットの主な特徴 GCEのスナップショット機能の... 続きを読む

POST:

2017.07.20

CATEGORY: GCE

Google Compute Engine(GCE)では標準のバックアップツールとしてスナップショット機能が提供されています。 今回はそのGCEにおけるデフォルトのバックアップ機能と言えるスナップショット機能の基本的な特徴や性能・価格などの詳細と、少し類似した機能にも見えるイメージとの違いやお得な使い方などをご紹介します。 GCEを運用するには必須となってくる機能であるスナップショットについて、是非ここで理解しておいてください。 GCEのスナップショットの主な特徴 GCEのスナップショット機能の... 続きを読む

POST:

2017.06.02

CATEGORY: GCE GCE vs AWS ベンチマーク GCP

2017/06/02 GCE vs EC2 vs Azureベンチマーク 本シリーズでは定期的にGCE、EC2、Azureのベンチマークを取得しております。 今回の測定結果(06月02日15時頃取得)   GCE EC2 Azure スコア 1945.4点 874.4点 809.1点 課金額 4.0円 11.5円 3.9円 計測にはUnixBenchを使用。 ※課金額は1ドル=120円として計算(課金額の計算方法はこちら)。 過去の測定結果推移(過去15回分) ※過去AWSのスコアが極... 続きを読む

POST:

2017.06.02

CATEGORY: GCE GCE vs AWS ベンチマーク GCP

2017/06/02 GCE vs EC2 vs Azureベンチマーク 本シリーズでは定期的にGCE、EC2、Azureのベンチマークを取得しております。 今回の測定結果(06月02日15時頃取得)   GCE EC2 Azure スコア 1945.4点 874.4点 809.1点 課金額 4.0円 11.5円 3.9円 計測にはUnixBenchを使用。 ※課金額は1ドル=120円として計算(課金額の計算方法はこちら)。 過去の測定結果推移(過去15回分) ※過去AWSのスコアが極... 続きを読む

POST:

2017.05.31

CATEGORY: GCE

~詳しい移行設計ポイントと手順~ みなさん、こんにちは。@prsdnt_hanage です。 さて、本編は3回に分けて、 第1回 / まずはとりあえずやってみよう 第2回 / 詳しい移行設計ポイントと手順 第3回 / 移行時のパフォーマンスと懸念点 でお送りします。 前回は第一回として3ステップでとりあえずやってみる体験をしました。 今回は “VM-Migration の解説と検証!”の第2回目「詳しい移行設計ポイントと手順」について紹介していきます。 1.VM-Migrationによる移行設計... 続きを読む

POST:

2017.05.31

CATEGORY: GCE

~詳しい移行設計ポイントと手順~ みなさん、こんにちは。@prsdnt_hanage です。 さて、本編は3回に分けて、 第1回 / まずはとりあえずやってみよう 第2回 / 詳しい移行設計ポイントと手順 第3回 / 移行時のパフォーマンスと懸念点 でお送りします。 前回は第一回として3ステップでとりあえずやってみる体験をしました。 今回は “VM-Migration の解説と検証!”の第2回目「詳しい移行設計ポイントと手順」について紹介していきます。 1.VM-Migrationによる移行設計... 続きを読む

POST:

2017.05.12

CATEGORY: GCE

~まずはとりあえずやってみよう~ みなさん、こんにちは。@prsdnt_hanage と申します。 オンプレからクラウドに移行したいと思っているそこのあなた!朗報です! GCEではオンプレ環境をそのまま簡単にインポートできる VM-Migration Service がありますので紹介していきます! 本編は3回に分けて、 第1回 / まずはとりあえずやってみよう 第2回 / 詳しい移行設計ポイントと手順 第3回 / 移行時のパフォーマンスと懸念点 でお送りします。 早速ですが、第一回目「まずはと... 続きを読む

POST:

2017.05.12

CATEGORY: GCE

~まずはとりあえずやってみよう~ みなさん、こんにちは。@prsdnt_hanage と申します。 オンプレからクラウドに移行したいと思っているそこのあなた!朗報です! GCEではオンプレ環境をそのまま簡単にインポートできる VM-Migration Service がありますので紹介していきます! 本編は3回に分けて、 第1回 / まずはとりあえずやってみよう 第2回 / 詳しい移行設計ポイントと手順 第3回 / 移行時のパフォーマンスと懸念点 でお送りします。 早速ですが、第一回目「まずはと... 続きを読む

POST:

2017.04.21

CATEGORY: GCP 機械学習

みなさん、Cloud Speech APIというサービスをGoogleが出していることはご存知でしょうか?Cloud Speech APIとはGoogleのもつ音声認識技術を使用し、音声をテキストに変換してくれるサービスです。また、WebやAndroidでの音声検索時のデータや最新のディープラーニング技術を利用して日々音声認識の技術は改善されており、日々Cloud Speech APIの精度も向上しています。 そんなCloud Speech APIですが、昨年夏に発表されて以降はβ版として運用さ... 続きを読む

POST:

2017.04.21

CATEGORY: GCP 機械学習

みなさん、Cloud Speech APIというサービスをGoogleが出していることはご存知でしょうか?Cloud Speech APIとはGoogleのもつ音声認識技術を使用し、音声をテキストに変換してくれるサービスです。また、WebやAndroidでの音声検索時のデータや最新のディープラーニング技術を利用して日々音声認識の技術は改善されており、日々Cloud Speech APIの精度も向上しています。 そんなCloud Speech APIですが、昨年夏に発表されて以降はβ版として運用さ... 続きを読む

POST:

2017.04.18

CATEGORY: GAE GCP GO言語

今回のapps-gcpは「GAE/GOでTwitter Botを作ってみる」の後編記事です。前編記事では、Twitterアプリの登録方法からローカル環境でTwitter投稿するまでの手順について説明しました。後編ではいよいよ、お天気情報を定期時間に自動で呟くTwitter botを作成します。後編の記事内容は以下の通りです。 後編 ※ 前編記事のURLは以下の通りです。 https://apps-gcp-tokyo.appspot.com/gae-go-twitter-bot-1/ それではTw... 続きを読む

POST:

2017.04.18

CATEGORY: GAE GCP GO言語

今回のapps-gcpは「GAE/GOでTwitter Botを作ってみる」の後編記事です。前編記事では、Twitterアプリの登録方法からローカル環境でTwitter投稿するまでの手順について説明しました。後編ではいよいよ、お天気情報を定期時間に自動で呟くTwitter botを作成します。後編の記事内容は以下の通りです。 後編 ※ 前編記事のURLは以下の通りです。 https://apps-gcp-tokyo.appspot.com/gae-go-twitter-bot-1/ それではTw... 続きを読む

POST:

2017.04.17

CATEGORY: gcloud GCP

~Google Cloud Architect取得への道~ 「Google Cloud Architect取得への道」第2回です! 前回はプロジェクトの初期設定(gcloud init)までを行いました。 今回はCloud SDKの概要、gcloudコマンドの使用方法について解説していきます。 読み終わるころにはgcloudコマンドを使用するメリットや、どれほど便利なのかを理解していただけるでしょう。そしてgcloudコマンドを使い倒してみてください!! Cloud SDKはGCPのCLIツール... 続きを読む

POST:

2017.04.17

CATEGORY: gcloud GCP

~Google Cloud Architect取得への道~ 「Google Cloud Architect取得への道」第2回です! 前回はプロジェクトの初期設定(gcloud init)までを行いました。 今回はCloud SDKの概要、gcloudコマンドの使用方法について解説していきます。 読み終わるころにはgcloudコマンドを使用するメリットや、どれほど便利なのかを理解していただけるでしょう。そしてgcloudコマンドを使い倒してみてください!! Cloud SDKはGCPのCLIツール... 続きを読む

POST:

2017.04.12

CATEGORY: GCP

GCPのリージョンでasia-southeast(恐らく2017年に開設するとアナウンスされていたシンガポールリージョン)がこっそり追加されていました。台湾、東京に続き3番目のアジアでのリージョンになります。早速ちょっと使ってみてレイテンシ等を計測してみたいと思います。 以下、GCEでインスタンス作成時において選択出来るリージョンの一覧画面です。 シンガポールで利用可能な対象サービス 以下、手作業で確認しただけですが、asia-southeast(シンガポール)が利用可能なサービスと利用出来ない... 続きを読む

POST:

2017.04.12

CATEGORY: GCP

GCPのリージョンでasia-southeast(恐らく2017年に開設するとアナウンスされていたシンガポールリージョン)がこっそり追加されていました。台湾、東京に続き3番目のアジアでのリージョンになります。早速ちょっと使ってみてレイテンシ等を計測してみたいと思います。 以下、GCEでインスタンス作成時において選択出来るリージョンの一覧画面です。 シンガポールで利用可能な対象サービス 以下、手作業で確認しただけですが、asia-southeast(シンガポール)が利用可能なサービスと利用出来ない... 続きを読む

POST:

2017.04.10

CATEGORY: GAE GCP GO言語

TwitterやFacebookのような有名サービスと連携したアプリを開発する場合、開発者はサービスが提供するREST APIを利用することになります。ただ、実際に開発をおこなう場合、開発者は自前でAPIを操作するコードを書く必要はないかもしれません。なぜなら、サービスのDeveloper向けドキュメントを探せば、開発言語に対応したライブラリを見つけることができる可能性があるからです。今回テーマとして扱うTwitterにも、もちろんライブラリが用意されています。 Twitterが公開している以下... 続きを読む

POST:

2017.04.10

CATEGORY: GAE GCP GO言語

TwitterやFacebookのような有名サービスと連携したアプリを開発する場合、開発者はサービスが提供するREST APIを利用することになります。ただ、実際に開発をおこなう場合、開発者は自前でAPIを操作するコードを書く必要はないかもしれません。なぜなら、サービスのDeveloper向けドキュメントを探せば、開発言語に対応したライブラリを見つけることができる可能性があるからです。今回テーマとして扱うTwitterにも、もちろんライブラリが用意されています。 Twitterが公開している以下... 続きを読む

Google のクラウドサービスについてもっと詳しく知りたい、直接話が聞いてみたいという方のために、クラウドエースでは無料相談会を実施しております。お申し込みは下記ボタンより承っておりますので、この機会にぜひ弊社をご利用いただければと思います。

無料相談会のお申込みはこちら