GCEちょい技 ~システム言語、タイムゾーンの変更方法~ メインOS全まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Google Compute Engine 標準のOSイメージでインスタンスを作成しますと、システム言語は英語、タイムゾーンはUTCになっています。もちろん、そのままでも運用できますが、せっかく東京リージョン(asia-northeast1)で運用するのですから、システム言語やタイムゾーンも日本に変更したいと思います。そこで、よく使われるOSイメージにおける、システム言語とタイムゾーンの変更方法をご紹介致します。

RHEL6/CentOS6

システム言語変更手順

/etc/sysconfig/i18nのLANG変数を「en_US」から「ja_JP」に修正します。

変更前

LANG="en_US.UTF-8"
SYSFONT="latarcyrheb-sun16"

変更後

LANG="ja_JP.UTF-8"
SYSFONT="latarcyrheb-sun16"

タイムゾーン変更手順

まず、/etc/sysconfig/clockのZONE変数を「UTC」から「Asia/Tokyo」に修正します。

変更前

ZONE="UTC"

変更後

ZONE="Asia/Tokyo"

次に、/usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyoを/etc/localtimeに上書きコピーします。

$ sudo cp -a /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

最後に、インスタンスを再起動します。

$ sudo shutdown -r now

RHEL7/CentOS7

システム言語変更手順

localectlコマンドを使用して変更します。

$ sudo localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF8

タイムゾーン変更手順

timedatectlコマンドを使用して変更します。

$ sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

最後に、インスタンスを再起動します。

$ sudo systemctl reboot

Debian8/9

事前準備

GCP公式イメージにはdbusパッケージが導入されていないため、systemd関連のコマンド(localectl、timedatectl)が使用できません。コマンドを使用するためにdbusを導入します。
以下のコマンドを実行します。

$ sudo apt-get install dbus

システム言語変更手順

task-japaneseパッケージをインストールします。

$ sudo apt-get install task-japanese

/etc/locale.genファイルを編集し、ja_JP.UTF-8 のコメントを解除します。
ここでは、sedコマンドで編集しています。

$ sudo cp -a /etc/locale.gen /etc/locale.gen.bak
$ sudo sh -c "sed 's/# *ja_JP\.UTF-8/ja_JP.UTF8/' /etc/locale.gen.bak > /etc/locale.gen"

locale-genコマンドを実行し、ja_JP.UTF-8を有効化します。

$ sudo locale-gen

localectlコマンドでシステム言語を変更します。

$ sudo localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE="ja_JP:ja"

タイムゾーン変更手順

timedatectlコマンドで設定します。

$ sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

最後に、インスタンスを再起動します。

$ sudo shutdown -r now

Ubuntu 14.04 LTS/Ubuntu 16.04 LTS/Ubuntu 17.04/Ubuntu 17.10

システム言語変更手順

language-pack-jaパッケージをインストールした後、localectlコマンドで設定します。
まず、language-pack-jaパッケージをインストールします。

$ sudo apt-get install language-pack-ja

localectlコマンドを実行します。

$ sudo localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE="ja_JP:ja"

タイムゾーン変更手順

timedatectlコマンドで設定します。

$ sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

最後に、インスタンスを再起動します。

$ sudo shutdown -r now

Windows Server 2008 R2

システム言語変更手順

まずはPowerShellを起動します。

PowerShellのアイコンをクリック

PowerShellが起動したら以下のコマンドを入力して実行します。

cd ${HOME}/desktop
Invoke-WebRequest -Uri http://download.microsoft.com/download/C/B/8/CB8284EB-D9F0-42A9-A443-D021797DC2EA/Windows6.1-KB2483139-x64-ja-JP.exe -OutFile Windows6.1-KB2483139-x64-ja-JP.exe

コマンドが完了したら、PowerShellのウィンドウは閉じます。その後、デスクトップに「Windows6.1-KB2483139-x64-ja-JP.exe」というファイルが出てきますので、そのファイルをダブルクリックします。しばらくすると、Language Packのインストール画面が表示されますので、しばらく待ちます。(15~20分程度)

Language Packインストール画面

Language Packのインストールが完了するとインストール画面が自動で消えますので、コントロールパネルから「Change display language」をクリックします。

Change display languageをクリック

Region and Languageの画面が表示されますので、「Choose a display language」のプルダウンメニューを「English」から「日本語」に変更して[OK]ボタンを押します。
※なお、Language Packが未導入の場合「Choose a display language」が表示されません。

Region and Language window

以下のダイアログボックスが表示されますので、[Log off now]ボタンをクリックしてログオフしてください。次回ログインよりメニュー等が日本語表示になります。

Log off nowをクリック

再度ログインした後、コントロールパネルを開き「表示言語の変更」をクリックします。

表示言語の変更をクリック

地域と言語のウィンドウが表示されたら、[キーボードの変更]ボタンを押します。

キーボードの変更をクリック

既定の言語を「日本語(日本)- Microsoft IME」に変更し、インストールされているサービスの「JP 日本語(日本)」の順序を「EN 英語(米国)」より上にして、[OK]ボタンを押します。

既定の言語を変更します

次に「場所」タブをクリックし、現在の場所を「日本」に変更します。

現在の地域を日本に設定する

次に「形式」タブをクリックし、形式を「日本語(日本)」に変更します。

形式を「日本語(日本)」に変更します

次に、[管理]タブをクリックして「ようこそ画面と新しいユーザーアカウント」の[設定のコピー]ボタンを押します。

[設定のコピー]ボタンを押します

ようこそ画面と新しいユーザーアカウント設定画面が表示されますので、「ようこそ画面とシステムアカウント」と「新しいユーザーアカウント」の両方のチェックを有効にして[OK]ボタンを押してください。Windows再起動を要求するダイアログボックスが表示されますので、[今すぐ再起動]ボタンを押してインスタンス再起動してください。

再起動後から、日本語環境になります。しかし、まだ一部のアプリケーションは英語表示のままになります。(例:コマンドプロンプト) そのため、システムロケールの変更も行います。コントロールパネルを開き、「表示言語の変更」をクリックします。

表示言語の変更をクリック

地域と言語ウィンドウが開きますので、[管理]タブをクリックして「システムロケールの変更」をクリックします。

システムロケールの変更をクリック

地域と言語の設定ウィンドウが開きますので、現在のシステムロケールを「日本語(日本)」に変更して[OK]ボタンを押して下さい。再起動を求められますので「今すぐ再起動」を押してインスタンス再起動して下さい。

日本語(日本)を選択する

タイムゾーン変更手順

最初にコマンドプロンプトを起動します。[スタート]→[コマンドプロンプト]をクリックして下さい。

コマンドプロンプトを起動する

コマンドプロンプトが起動したら、以下のコマンドを入力して下さい。
[Enter]と書いてある箇所は、Enterキーを押してください。

tzutil /s "Tokyo Standard Time"[Enter]

その後、再度以下のコマンドを入力して下さい。
「Tokyo Standard Time」と表示されたら設定完了です。

tzutil /g[Enter]

tzutil実行結果

Windows Server 2012 R2/Windows Server 2016

システム言語変更手順

Windows Server 2008 R2とは異なり、コントロールパネルからLanguage Packをダウンロード&インストールすることができます。まずは左下の窓ボタンを押してコントロールパネルを開きます。

コントロールパネルが表示されたら、「Add a language」をクリックします。

Languageウィンドウが開いたら、「Add a language」をクリックします。

Add Languageウィンドウが開いたら、「日本語」を選択してから[Add]ボタンをクリックします。

再びLanguageウィンドウに戻り、「日本語」を1番上にMove upし、「Options」をクリックします。

Language optionsウィンドウが開いたら、「Download and install language pack」をクリックする。User Account Controlのポップアップが表示されれますが、[Yes]ボタンを押して下さい。

Language packのダウンロード&インストール画面が表示されますので、しばらく待ちましょう。(10~15分程度)

ダウンロード&インストール画面がこの表示になったら[Close]ボタンを押してウィンドウを閉じ、インスタンスを再起動します。

再度ログインした後、コントロールパネルを開いて「日付、時刻、または数値の形式の変更」をクリックします。

地域ウィンドウが開きますので、[場所]タブをクリックして主な使用場所のところを「日本」に選択し、[適用]ボタンをクリックします。

次に、[管理]タブをクリックした後、「設定のコピー」をクリックします。

ようこそ画面と新しいユーザーアカウントの設定ウィンドウが開きますので、「ようこそ画面とシステムアカウント」と「新しいユーザーアカウント」のチェックボックスを有効にして[OK]ボタンをクリックして下さい。
※再起動が要求されますが、[キャンセル]を押してください。

管理ウィンドウの[システムロケールの変更]ボタンをクリックしてください。

システムロケールを変更するダイアログボックスが表示されます。「現在のシステムロケール」を「日本語 (日本)」に変更して[OK]ボタンをクリックして下さい。
[OK]ボタンを押すと再起動が要求されますので、[今すぐ再起動]ボタンを押してください。

インスタンス再起動後から、日本語環境で使用できるようになります。

タイムゾーン変更手順

最初にコマンドプロンプトを起動します。[スタート]右クリック→[コマンドプロンプト]をクリックして下さい。

コマンドプロンプトが起動したら、以下のコマンドを入力して下さい。
[Enter]と書いてある箇所は、Enterキーを押してください。

tzutil /s "Tokyo Standard Time"[Enter]

その後、再度以下のコマンドを入力して下さい。
「Tokyo Standard Time」と表示されたら設定完了です。

tzutil /g[Enter]

ロケール変更における留意事項

本番サービス運用中のシステムでロケール(システム言語、タイムゾーン)の変更を行うことは非常に大きなリスクを伴います。例えば、タイムゾーン変更によるログ時刻の連続性消失、文字コード変更によるデータ不整合の発生、等です。そのため、今回紹介しました変更手順はインスタンス作成直後に実施頂くことを推奨致します。

まとめ

GCEインスタンスにおけるシステム言語、及び、タイムゾーンの変更方法についてご紹介させて頂きました。今後も、Google公式ドキュメントには記載されていないような、GCEインスタンスのちょっとした設定方法や疑問について解説して行きますので、よろしくお願いします。

弊社クラウドエースでは、支払い代行プラン技術サポートプランにお申し込み頂くことでGCEを含む、GCPに関する幅広いご質問に対応しております。GCPの構築や運用のトラブル対応につきましてもクラウドエースにお任せ下さい!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Google のクラウドサービスについてもっと詳しく知りたい、直接話が聞いてみたいという方のために、クラウドエースでは無料相談会を実施しております。お申し込みは下記ボタンより承っておりますので、この機会にぜひ弊社をご利用いただければと思います。

無料相談会のお申込みはこちら