GCPにアジア第3のリージョン、シンガポールリージョンが登場したので早速検証してみた!

GCPのリージョンでasia-southeast(恐らく2017年に開設するとアナウンスされていたシンガポールリージョン)がこっそり追加されていました。台湾、東京に続き3番目のアジアでのリージョンになります。早速ちょっと使ってみてレイテンシ等を計測してみたいと思います。 以下、GCEでインスタンス作成時において選択出来るリージョンの一覧画面です。

シンガポールで利用可能な対象サービス

以下、手作業で確認しただけですが、asia-southeast(シンガポール)が利用可能なサービスと利用出来ないサービスです。中々確認が難しいものは?になってしまってますが、東京と比べても幾つか違いがありそうです。公式発表があり次第更新したいと思います。
カテゴリ サービス シンガポールでの利用可否 東京での利用可否
Compute App Engine ×
Compute Engine
Container Engine
Cloud Functions × ×
Storage Cloud Storage
Cloud Bigtable × ×
Cloud Datastore
Cloud SQL × ○(第2世代のみ)
Networking Cloud Virtual Network
Cloud Load Balancing
Cloud CDN
Cloud DNS
BigData BigQuery ×
Cloud Dataflow
Cloud Dataproc
Cloud Datalab ×
Cloud Pub/Sub ×
Genomics ×

レイテンシの確認

レイテンシを確認するために、検証用に、東京・シンガポールそれぞれ3つずつインスタンスを作成しました。1-aを2つ作成したのは、同じゾーン内での異なるインスタンスの通信遅延を計測するためです。

検証結果

ローカル(NURO)→GCE

弊社(東京都中央区)からNURO回線を使って通信した時の遅延を計測した結果です。

NURO(東京都中央区) → 東京(asia-northeast1-a)

$ ping -c 10 104.198.92.176 PING 104.198.92.176 (104.198.92.176) 56(84) bytes of data. 64 bytes from 104.198.92.176: icmp_seq=1 ttl=62 time=6.00 ms 64 bytes from 104.198.92.176: icmp_seq=2 ttl=62 time=3.77 ms 64 bytes from 104.198.92.176: icmp_seq=3 ttl=62 time=4.28 ms 64 bytes from 104.198.92.176: icmp_seq=4 ttl=62 time=4.60 ms 64 bytes from 104.198.92.176: icmp_seq=5 ttl=62 time=3.80 ms 64 bytes from 104.198.92.176: icmp_seq=6 ttl=62 time=6.70 ms 64 bytes from 104.198.92.176: icmp_seq=8 ttl=62 time=5.33 ms 64 bytes from 104.198.92.176: icmp_seq=9 ttl=62 time=5.55 ms 64 bytes from 104.198.92.176: icmp_seq=10 ttl=62 time=4.77 ms— 104.198.92.176 ping statistics — 10 packets transmitted, 9 received, 10% packet loss, time 9011ms rtt min/avg/max/mdev = 3.776/4.982/6.707/0.944 ms

NURO(東京都中央区) → シンガポール(asia-southeast1-a)

$ ping -c 10 35.185.179.28 PING 35.185.179.28 (35.185.179.28) 56(84) bytes of data. 64 bytes from 35.185.179.28: icmp_seq=1 ttl=57 time=71.8 ms 64 bytes from 35.185.179.28: icmp_seq=2 ttl=57 time=70.9 ms 64 bytes from 35.185.179.28: icmp_seq=3 ttl=57 time=71.5 ms 64 bytes from 35.185.179.28: icmp_seq=4 ttl=57 time=71.3 ms 64 bytes from 35.185.179.28: icmp_seq=5 ttl=57 time=71.2 ms 64 bytes from 35.185.179.28: icmp_seq=6 ttl=57 time=70.9 ms 64 bytes from 35.185.179.28: icmp_seq=7 ttl=57 time=73.3 ms 64 bytes from 35.185.179.28: icmp_seq=8 ttl=57 time=70.7 ms 64 bytes from 35.185.179.28: icmp_seq=9 ttl=57 time=73.7 ms 64 bytes from 35.185.179.28: icmp_seq=10 ttl=57 time=75.2 ms— 35.185.179.28 ping statistics — 10 packets transmitted, 10 received, 0% packet loss, time 9014ms rtt min/avg/max/mdev = 70.719/72.097/75.250/1.431 ms

GCEインスタンス間

GCEで立ち上げた2つのインスタンスの一方からもう一方に通信を行った時の遅延を計測しました。東京・シンガポール共に、同一リージョン内のインスタンス同士で計測を行いますが、「2つのインスタンスがそれぞれ違うゾーンにある(ゾーンa → ゾーンb)」、「2つのインスタンスが同じゾーンにある(ゾーンa →ゾーン a)」の2パターンで計測を行います。

異なるゾーンに属する2インスタンス間

東京(asia-northeast1-a) → 東京(asia-northeast1-b)

$ ping -c 10 104.198.81.70 PING 104.198.81.70 (104.198.81.70) 56(84) bytes of data. 64 bytes from 104.198.81.70: icmp_seq=1 ttl=76 time=0.337 ms 64 bytes from 104.198.81.70: icmp_seq=2 ttl=76 time=0.370 ms 64 bytes from 104.198.81.70: icmp_seq=3 ttl=76 time=0.424 ms 64 bytes from 104.198.81.70: icmp_seq=4 ttl=76 time=0.332 ms 64 bytes from 104.198.81.70: icmp_seq=5 ttl=76 time=0.360 ms 64 bytes from 104.198.81.70: icmp_seq=6 ttl=76 time=0.338 ms 64 bytes from 104.198.81.70: icmp_seq=7 ttl=76 time=0.371 ms 64 bytes from 104.198.81.70: icmp_seq=8 ttl=76 time=0.374 ms 64 bytes from 104.198.81.70: icmp_seq=9 ttl=76 time=0.461 ms 64 bytes from 104.198.81.70: icmp_seq=10 ttl=76 time=0.370 ms — 104.198.81.70 ping statistics — 10 packets transmitted, 10 received, 0% packet loss, time 8999ms rtt min/avg/max/mdev = 0.332/0.373/0.461/0.044 ms

シンガポール(asia-southeast1-a) → シンガポール(asia-southeast1-b)

$ ping -c 10 35.185.185.106 PING 35.185.185.106 (35.185.185.106) 56(84) bytes of data. 64 bytes from 35.185.185.106: icmp_seq=1 ttl=76 time=0.503 ms 64 bytes from 35.185.185.106: icmp_seq=2 ttl=76 time=0.633 ms 64 bytes from 35.185.185.106: icmp_seq=3 ttl=76 time=0.623 ms 64 bytes from 35.185.185.106: icmp_seq=4 ttl=76 time=0.623 ms 64 bytes from 35.185.185.106: icmp_seq=5 ttl=76 time=0.590 ms 64 bytes from 35.185.185.106: icmp_seq=6 ttl=76 time=0.607 ms 64 bytes from 35.185.185.106: icmp_seq=7 ttl=76 time=0.659 ms 64 bytes from 35.185.185.106: icmp_seq=8 ttl=76 time=0.572 ms 64 bytes from 35.185.185.106: icmp_seq=9 ttl=76 time=0.663 ms 64 bytes from 35.185.185.106: icmp_seq=10 ttl=76 time=0.617 ms — 35.185.185.106 ping statistics — 10 packets transmitted, 10 received, 0% packet loss, time 8997ms rtt min/avg/max/mdev = 0.503/0.609/0.663/0.044 ms

同じゾーンに属する2インスタンス間

東京(asia-northeast1-a) → 東京(asia-northeast1-a)

$ ping -c 10 10.240.0.15 PING 10.240.0.15 (10.240.0.15) 56(84) bytes of data. 64 bytes from 10.240.0.15: icmp_seq=1 ttl=64 time=0.176 ms 64 bytes from 10.240.0.15: icmp_seq=2 ttl=64 time=0.221 ms 64 bytes from 10.240.0.15: icmp_seq=3 ttl=64 time=0.273 ms 64 bytes from 10.240.0.15: icmp_seq=4 ttl=64 time=0.235 ms 64 bytes from 10.240.0.15: icmp_seq=5 ttl=64 time=0.238 ms 64 bytes from 10.240.0.15: icmp_seq=6 ttl=64 time=0.246 ms 64 bytes from 10.240.0.15: icmp_seq=7 ttl=64 time=0.202 ms 64 bytes from 10.240.0.15: icmp_seq=8 ttl=64 time=0.237 ms 64 bytes from 10.240.0.15: icmp_seq=9 ttl=64 time=0.220 ms 64 bytes from 10.240.0.15: icmp_seq=10 ttl=64 time=0.217 ms — 10.240.0.15 ping statistics — 10 packets transmitted, 10 received, 0% packet loss, time 8997ms rtt min/avg/max/mdev = 0.176/0.226/0.273/0.029 ms

シンガポール(asia-southeast1-a) → シンガポール(asia-southeast1-a)

$ ping -c 10 10.240.0.12 PING 10.240.0.12 (10.240.0.12) 56(84) bytes of data. 64 bytes from 10.240.0.12: icmp_seq=1 ttl=64 time=0.361 ms 64 bytes from 10.240.0.12: icmp_seq=2 ttl=64 time=0.248 ms 64 bytes from 10.240.0.12: icmp_seq=3 ttl=64 time=0.304 ms 64 bytes from 10.240.0.12: icmp_seq=4 ttl=64 time=0.323 ms 64 bytes from 10.240.0.12: icmp_seq=5 ttl=64 time=0.304 ms 64 bytes from 10.240.0.12: icmp_seq=6 ttl=64 time=0.287 ms 64 bytes from 10.240.0.12: icmp_seq=7 ttl=64 time=0.309 ms 64 bytes from 10.240.0.12: icmp_seq=8 ttl=64 time=0.297 ms 64 bytes from 10.240.0.12: icmp_seq=9 ttl=64 time=0.289 ms 64 bytes from 10.240.0.12: icmp_seq=10 ttl=64 time=0.259 ms — 10.240.0.12 ping statistics — 10 packets transmitted, 10 received, 0% packet loss, time 8998ms rtt min/avg/max/mdev = 0.248/0.298/0.361/0.031 ms

レイテンシ比較まとめ

以下の通りとなっており、全体的に東京リージョンの方が、遅延の少なさにおいて優位であることがわかります。
シンガポール 東京
NURO → GCEインスタンス 72.097ms 4.982ms
異なるゾーンのインスタンス間 0.609ms 0.373ms
同じゾーンのインスタンス間 0.298ms 0.226ms

おまけですが、東京リージョンのインスタンスから台湾、シンガポールの間の遅延も計測しました。地理的に倍くらいなので妥当な数字では無いでしょうか。

シンガポール 台湾
GCE東京→GCEインスタンス 67.852ms 33.262ms

GCPシンガポールリージョンまとめ

調査結果のまとめです。
  • シンガポールリージョンはゾーンが2つ
  • ゾーン間のレイテンシは東京と比べると遅い(地理的に結構離れてる?)
  • 使えるサービスは未だ不明な部分が多い
という所です。

最後に

今回は新しく登場したシンガポールリージョンについて、クィックに調査・検証してみました。 いかがでしたでしょうか?まぁ地理的に妥当だなと言う感じでしたね。シンガポールが追加されたことで、更に発展著しい南アジアでのGCPの利用が加速されるのではと期待しております。 今回のリージョン追加で、GCPのリージョンは合計7つになりました。さらに、Googleは今年2017年にインドのムンバイ、オーストラリアのシドニーに新たなリージョンを開設する予定だそうです。(参照URL) 弊社クラウドエースでは、GCP料金を円で決済できる支払い代行サービスや、GCPの技術サポートサービスなどを提供しております。GCPに関する相談から、オンプレからクラウドに移行したいという要望まで、クラウドエースに全ておまかせください!!

Google のクラウドサービスについてもっと詳しく知りたい、直接話が聞いてみたいという方のために、クラウドエースでは無料相談会を実施しております。お申し込みは下記ボタンより承っておりますので、この機会にぜひ弊社をご利用いただければと思います。

無料相談会のお申込みはこちら