Windowsサーバ on Google Compute Engine

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご注意

この記事は 2014年12月22日 に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

ついに、WindowsサーバがGCEでα公開されました。LocalSSDも使えるし、どのリージョンでもOKとのことですので、早速触ってみましょう。

気になるWindows上のソフトウェアライセンス

詳しくはこちらのマイクロソフトライセンスモビリティを参照して頂くとして。簡単に説明すると、基本的には、正式なライセンスを持っているマイクロソフトのソフトウェアについては、GCP上に移行することが可能です。と言うことです。後、コア数に対してライセンスが必要な部分は基本的にGCEのコア数1個に対して1ライセンスあれば良いと言うことのようです。非常にリーゾナブルですね。基本的には障壁にはならない形になっていると思います。
0.04ドル/時間/コアの追加料金なだけですね。1コアあたり、月間約30ドルくらいです。マイクロとスモールは半額ですが、Windowsサーバでは実質使い物にならないと思いますので、やめておきましょう。

Windows on GCEを早速使ってみる

GCEを使ったことのある方向けとして、もうインスタンス自体の立ち上げとかは可能な前提で進めます。
普通にインスタンスを起動する際にイメージからディスクを新規作成で、イメージを選ぶ際に以下のようにWindowsが選べるようになっていると思います。

win_on_gce01

今の所WindowsServer2008R2(Datacenter Edition)しか選択出来ませんが、2012も来春登場することでしょう。
これを選んで、起動すればOKです。
WindowsOSを選択すると以下のような認証情報の欄が出ます。ユーザ名はデフォルトでプロジェクト名になるようです。

win_on_gce02

作成してログイン出来るようになるには、Linuxの場合は2,30秒程度ですが、Windowsは数分かかります。しばらく待ちましょう。
Windowsの場合はデフォルトディスク領域が100Gです(他のOSは10G)ので、ご注意ください。

Chrome Remote Desktop for Google Cloud Platform

待っている間に、上記からChromeのRDPクライアントをインストールしておきましょう。超絶便利です。私なんかはメインで持ち歩いて使っているPCがChromeBookなので特にですが。
以下のように立ち上がと右端に「RDP」というボタンがあります。上記RDPクライアントをインストールしておくと、ここをクリックするだけで、ノーユーザID・パスワードでログイン出来てしまいます。めちゃめちゃ便利です。

win_on_gce03

あ、FireWallでTCP3389は通るようにしておく必要はありますので、ご注意ください。

Windows on GCEのログイン後画面

上記のRDPボタンを押すと、以下のような画面になります。ログインを勝手にしてくれます。

win_on_gce04

初期設定

IEでの作業は基本的に耐えられないので、Chromeと日本語化パックは以下のように落としてしまいます。後、最後はタイムゾーンを東京にするってだけのコマンドです。
以下をPowerシェルのコンソールから打ち込んでください。

New-Item c:\temp -itemType Directory
Start-Job -ScriptBlock {Invoke-WebRequest -Uri http://storage.googleapis.com/cloud-ace-datas/setup/ChromeStandaloneSetup.exe -OutFile C:\temp\ChromeStandaloneSetup.exe}Start-Job -ScriptBlock {Invoke-WebRequest -Uri http://storage.googleapis.com/cloud-ace-datas/setup/lp.cab -OutFile C:\temp\lp.cab}
tzutil.exe /s “Tokyo Standard Time”

Cドライブ直下のtempフォルダにChromeのセットアップファイルと言語ファイルが出来るので、Chromeのセットアップファイル(40Mくらい)はそのまま実行するだけです。

言語ファイルの方(94Mくらい)は、コントロールパネルの「Region and Language」から、「Install or Uninstall display language」を選択して、

win_on_gce05_02

以下のように落としたファイルを指定して進めばOKです。

win_on_gce06_02

このインストールは数分かかりますので、Progressが「Completed」になるまでしばしお待ちください。
以下のように言語選択出来るようになりますので、選んで進むと再起動を求められます。

win_on_gce07

まとめ

これで一旦Chromeのインストールと日本語化まで出来ましたので、後は普通のWindowsサーバです。お好きにご利用ください。

win_on_gce08

左下が「スタート」に変わってますよね。
WindowsサーバがこれでGCE上でどんどん稼働して行くと嬉しいなぁと思います。ご自分で立ち上げるのが面倒な方向けに、クラウドエースというマネージドサービスも提供されてます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Google のクラウドサービスについてもっと詳しく知りたい、直接話が聞いてみたいという方のために、クラウドエースでは無料相談会を実施しております。お申し込みは下記ボタンより承っておりますので、この機会にぜひ弊社をご利用いただければと思います。

無料相談会のお申込みはこちら